宇都宮西ロータリークラブ
宇都宮西ロータリークラブ トップページ
ロータリークラブとは クラブ案内 奉仕活動 例会案内 会員情報 資料室 外部リンク


宇都宮西ロータリークラブは・・・




国際ロータリー第2550地区 2016-2017年度 宇都宮西ロータリークラブ会長 木内 裕祐
会長テーマ
「ロータリーを学び、ロータリーを楽しもう」
-楽しく出席できるクラブ作りへの挑戦-






国際ロータリー第2550地区
2018-2019年度
宇都宮西ロータリークラブ会長
鈴木 隆之



 今年度、宇都宮西ロータリークラブの第57代会長を仰せつかりました鈴木隆之です。
歴史と伝統のある当クラブの会長として微力でありますが、クラブの発展と会員皆様のロータリーライフの充実に役立てるように、努力して参りたいと考えております。
冨樫幹事共々、皆様のご指導とご協力をお願い申し上げます。

 国際ロータリーのバリー・ラシン会長のテーマは、「インスピレーションになろう」です。また第2550地区 伊東永峯ガバナーのメッセージは「ポールを語ろう…それは一人のインスピレーションから始まった」であります。「地区の方針と目標」をしっかりふまえて活動を展開していきたいと考えております。

 本年度は当クラブより5人目となる伊東永峯ガバナーを輩出いたします。ガバナー輩出クラブとして、全ての会員が英知と情熱をもって行動していただき、しっかりとささえていく事が求められる年度でもあります。

さて、活動方針ですが、人と人がより楽しく繋がるための「親睦活動」とロータリークラブの基本を学ぶ「会員研修」を二本の柱として、共にロータリーを学びながら、会員同士の親密なフェローシップが発展していく様な、運営を目指そうと思います。それはつまり「ロータリーの目的」の第1項「知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること」を実行していくことに、ほかならないと強く感じています。

※活動目標
 ○ 楽しく出席できるクラブ作り
 ○ 親睦活動の充実
 ○ 会員研修(RLI)の推進
 ○ 出席率向上とメーキャップの奨励
 ○ ロータリー財団への支援(1人当り 150ドル + ポリオプラスに30ドル)
 ○ 米山記念奨学会への支援(1人当り 19,000円)
 ○ 地区ガバナー方針である、ポール・ハリス生誕150周年記念事業への協力



▲ トップへもどる  


ロータリークラブとは クラブ案内 奉仕活動 例会案内 会員情報 資料室 外部リンク




Copyright(C) 2015 Utsunomiya West Rotary Club. All Rights Reserved.